スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -

iBabaを作ってみた

以前、自作エフェクターのチャンババドライブを紹介しましたが、今回は自作シリーズ第二弾、その名も、

"iBaba”

その名の通りiPhoneグッズです。
チャンババドライブはどんなアンプでも好みのオーバードライブサウンドが得られる優れものですが、iBabaはiPhoneをギターアンプにしてしまう、これまた優れもの。
実際、既製品もあるようですが、チャンババドライブの試作段階で余ったパーツがあり、眺めていたらこれで作れそうなので作ってしまいました。



で、事の発端。
アプリでアンプシミュレータがあるのは知っていたので、iPhoneの入力端子にギター突っ込めばいいんじゃね?的な発送で付属の純正イヤフォンを分解、無理矢理ギターを繋いでみる。
ん〜、なんか良くわからないけど、ノイズがひどいのと、アプリ側のギターが繋がっている事を認識する機能が不安定。
おそらく原因はシールド効果がないこととレベルが足りない?
ってことはバッファー的回路を挟んでやればいいのかな…、でも認識不安定問題はそれだけか…?
などなど、わからないことだらけなのでレッツ検索!
すると出るデル。
みんな作ってんじゃん!
ということで色んなところの回路図を参考にいいとこ取りさせていただき作ってみたよ。



こりゃ素晴らしい!
楽屋で空き時間に練習なんてシチュエーションに最適。
iPhoneに入っている曲と一緒に弾く事もできるし、チャンババの大好物、ディレイもかけられるし。
残念ながらiPhoneに繋いだ状態の写真が撮れません。
どうでもいいか。


で、5/27大塚ウェルカムバックで行われた、
“RAMARボーカル酒井悠介feat.ノイズ磐梯山”
ん?逆?どっちでもいいか。
終了しました。



RAMARの曲をサンバあり、レゲエあり、スパニッシュありの色んなアレンジでお送りしましたよ。
実は準備段階で譜面書きながら「大丈夫かこれ!?」と思うような無茶なアレンジをしてしまったのですが、ノイズ磐梯山メンバーのスキルに助けられいい感じになったのですよ。
酒井くんもがんばった!
壊れかけのRADIOのカバーも良かったね〜。いい曲だよ。
で、この日は酒井くんが「ババちゃん、つないで!」しか言わないもんですから、ノイズ磐梯山名物チャンババ霜ネタコーナーをいつもより拡大してお届けしましたよ。
お題は、回転ベッドから指先にちょっとついたティッシュまでグローバルでした。
会場の大塚ウェルカムバックさんは毎日ライブレポートを書いてHPにアップしてくださっているんですが、その中で毎回ベストプレイを一曲聴けるようにもしてくれているのです。
今回、前代未聞のベストトークもアップしてくださっています。
http://www.welcomeback.jp/
(スケジュールから2011/5/27のライブレポートをクリック!)

最近はどこに行ってもギターよりMCを期待されるチャンババなのであった。
つづく…。
Posted by 馬場一人 * comments(2) * -

テンション上がりっぱなし!

 初音茶屋@大阪umeda AKASOってことで行って参りましたよ、日帰りで大阪。
ここんとこマンスリーにプラスしてバースデーライブもあったりして頻繁に顔を合わせていたメンバーなもんで、仲睦まじく、様々な習慣が。

最近、リハでは休憩でアイスを食べるのが流行ってます。

アイス大好きバイオリンあめこさん、ピンぼけなのにこんなに幸せを表現できる人はそういません。

もひとつ流行りのギャグ写真大会。

これ、まじめなリハの様子を撮りましょうという打ち合わせの結果。
感覚が麻痺してます。

で、すっかり流行モンになったメンバーによる開演前の影アナ。
先月はあめこさん、先日のバースデーライブではチャンババ。
じゃあ、今回は?
ということで楽屋でバトル。
髪の毛を引っ張り合ったり、鼻の穴に指を突っ込んだり、「うんこたれ!」「なによこの鼻くそ!」などど罵声を浴びせながら、お前が読め、いやお前が、じゃあ俺が、どうぞどうぞ、みたいな大げんかの末…。



負けました…。



でも今回は噛まずにしっかり読めたと思いますよ。

6月に大阪で演った際には意外と大阪のお客さんおとなしいな…、という印象でしたが、今回はばっちり盛り上がりましたね〜。
でも、まだまだいけるよ!
12月にまた大阪なので、その時にはテンションMAX大盛り上がり大会で!


テンションが上がると言えば、メインのギターがメンテナンスからあがってきました。
メンテしてもらうとほんとテンション上がるんだよね〜。
ギター弾くのが楽しくなる。
プロの仕事ってのはすごいですよ。
ちなみに今回はお世話になってるギターメーカー、SCHECTERさんにお願いしました。

久々のミドリです。
ピッカピカだよ。

RAMARのメインで使っているのはFender USAのJAZZMASTERというギターなんですが、SCHECTERさんにも似たシェイプのギターがあるんです。
その“AR”というシリーズの新バージョンを使わせていただけるということで、これまたテンション急上昇。

こちらはまだカタログにも載っていない、ピックアップがP-90というシングルコイルのバージョン。
まだ爆音では鳴らしていませんが、感触としてはJAZZMASTERよりひと回り太い音がしそうです。
得意の高域部分はJAZZMASTERに近いものがありつつ、ファットな方向にレンジが広い感じですな。
ステージデビューが楽しみな一本ですよ〜。

さてさて、明日からメインギターのミドリを引き連れて(連れられて?)新たな現場の始まりです。
よっしゃ〜!がんばるぞ!

爆音でι(`ロ´)ノ
Posted by 馬場一人 * comments(5) * -

ノイズ磐梯山ASP終了!

いつものノイズ磐梯山とは若干趣向が変わりまして、アニソン縛りでお届けした10/3吉祥寺スターパインズカフェ。
ASPとはバンマスむらさき氏曰く“アニソンプロジェクト”の略、だったかな?
“麻縄で縛るプレイ”だったかも、いや単純にアナr…。
もういい。

というわけでゲストは近藤佳奈子/三好りえ/砂倉加奈子/福島亜美/朝倉ゆきというカワイコちゃん軍団。
これだけうら若き女子が集まると会場のオイニーが違いますな。

で、今回はSuhr(サー)というメーカーのギターで臨みました。
Suhrの中では廉価版と言われるプロシリーズというシンプルな仕様のモノですが、あなどるなかれ素晴らしいギターですよ。
チャンババの好み的には若干ピックアップの出力が高いんだけど、会場の都合などで小さな音量しか出せないような場合、これが吉と出たりしますね。
そんなSuhrのギターをチューニングする楽器テック森下氏。

彼が使っているチューナーに注目。

PetersonのStroboFLIPです。
今や楽器テックの必需品ともなりつつあるこのチューナー、ギターはもちろん、12弦ギターやバイオリン等のクラシック楽器、なんとバグパイプのチューニングまで対応。搭載される音律も、平均率を始め、純正律やピタゴラス音律など説明書には今まで聞いたことのない専門用語が満載です。
ま、何はともあれとにかく正確にチューニングできるんですよ。
以前現場で楽器テクの人が使っているのを見て、こりゃ素晴らしいということで導入を検討するもステージチューナーとしては複雑すぎるため見送っていましたが、身近なテクニシャンが持っていてくれると心強い。

さあ、そんな素晴らしいギターと完璧なチューナーに敏腕な楽器テクの組み合わせとチャンババのプレイはつり合うのか?
確かめたい方、次回ノイズ磐梯山は10/22大塚ウェルカムバックですよ。
◆ノイズ磐梯山14th LIVE!!〜今夜は好き勝手にやらせていただきます!(あ、いつもか?)磐梯山無礼講スペシャル!◆

日時:2010年10月22日(金) 19:30開演(18:30開場)
場所:大塚Welcomeback
Tel & Fax 03-5957-5141
http://www.welcomeback.jp
E-mail : info@welcomeback.jp
料金:2500円(ドリンク代等別)

ついに14回目を迎える磐梯山LIVE、
日頃のノープランが災いし、ゲストがようやく決まりまして告知でございます!!
今回のゲストはRISA、my spaceではツェッペリンとか歌ってる、見かけによらずツワモノのような気がします。下にプロフィールがあるのでぜひご覧あれ!
先日のLIVEでは不発だった、チャンババの霜ネタが復活するのか?今回、めっちゃんとジョンにはマイクがたつのか!?給料日直前の金曜日!宵越しの銭は持たねえぜ!とばかりに無礼講ライブで盛り上がりましょう!!

■ノイズ磐梯山
Gtr:馬場スティーブ一人/Key:中山ジョン豪人/Bass:むらさき・ちりめんじゃこ・ひろふみ/Drs:目次yoshiki敬之

ゲスト
Vo:RISA

<RISA プロフィール>
静岡県浜松市で生まれ育ち、幼少の頃からピアノ講師である母親の勧めでクラシックピアノを習い始める。それと同時に、ミュージカルや合唱団に所属し、歌手になることを決心。日本でバンドのギターボーカルやピアノ弾き語りによるソロアーティストとして多くのライブ経験を積み、アメリカハリウッドにあるMusicians Instituteに入学、本格的に歌のレッスンを受ける。そこで、これまで歌ってきた音楽から更に幅を広げ、現在はクラシックロックを初めとする全てのロックと、ファンクミュージックを中心に歌っている。
http://www.myspace.com/risamusic0219


ででで、10/11はいつもサポートさせてもらってる初音ちゃん20歳のバースデイライブ!
◆初音茶屋 〜20th BIRTHDAY LIVE〜 ◆
チケット発売中(お買い求めはお早めに、もうすぐ〆切)
ローソンチケット・イープラス・チケットぴあ   
【会場】 東京 渋谷 スペースシャワーTVザ・ダイナー
http://www.spaceshowertv-thediner.jp/
【日程】10月11日(月・祝日)
【時間】OPEN/START 14:30/15:00
【席種/料金】全席指定/3,900円(フリードリンク・初音茶屋特製スイーツ付)
【問合せ】スペースシャワーTVザ・ダイナー TEL:03-3463-0220

リハの様子ですよ。

頭に着いてる洗濯バサミ。
アリエッティではございません。
メンバー全員、洗濯バサミ髪しばりダイエット中です↓
http://diet.goo.ne.jp/member/way/move_no16/
右から二番目、初音茶屋に初参戦の岩下直人くん↓はコーディネートまでバッチリだね。
http://naoto-iwashita.syncl.jp/
がんばっちゃうんだからね〜!
Posted by 馬場一人 * comments(7) * -

自分の中の異種格闘技戦

毎月恒例、初音茶屋Vol.6@赤坂グラフィティ終了!

大昔、まるでホームのように出演していたハコでしたが、この楽屋の狭さも変わらずで懐かしい限り。
チャンババは完全に首がポキリと音を立てて、死んだ魚のような目になっています。
いい写真だ…。
初音ちゃんからの無茶ぶりMCでも話しましたが、お客さんの雰囲気が最高よ。
演者とオーディエンスのテンションが相互作用で盛り上がっていく理想的なテンションのやり取りがいいね。
この調子で夢の初音茶屋@野音に向けて突き進もうじゃありませんか。
次回はこちら↓

9月初音茶屋アコースティックワンマンライブ「初音茶屋」vol.7
【会場】 STAR PINE'S CAFEスターパインズカフェ
東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目20−16
0422-23-2251
【日程】 9月19日(日)
【時間】 OPEN/START 14:30/15:30
【チケット発売先】
ローソンチケット・チケットぴあ・イープラスで購入可能です。
【席種/料金】全席 自由席/3,600円(ワンドリンク別 600円〜/整理番号有り)

【問合せ】0422-23-2251

おお!チャンババ生誕記念日翌日!
わかってるな?わかるな?(笑)

で、なにが異種格闘技戦かって、先月のことだったか、ヴァイオリンを購入いたしまして。
まぁまぁ、ギターやってんだからそこそこ弾けちゃうんじゃねぇ〜の?
くらいの気持ちで手に取ってみて、全くの別物ということに3秒で気づきました。
で、しばらく放置…。
今回、ひさびさにヴァイオリンの雨宮麻未子嬢とご一緒させていただいたのでリハの空き時間にご指南いただきつつ、色々とお世話になりつつで、本当に感謝。

結構ね、演奏以前に構え方とか楽器の調整とか難しい壁が立ちはだかっていたのだけれど、この初音茶屋でだいぶクリアに。
怖いのは自分以上に周囲の盛り上がり。

初音マネージャー1:「次回の初音茶屋で弾けますか?」
初音マネージャー2:「ライブ当日の回線、ラインでいいですか?」
楽器テクニシャン森下:「馬場さんの肩に合わせて肩当て作りますよ。」
雨子さん:「ツインヴァイオリン夢じゃないね。」
初音ちゃん:「もう練習するしかないですね。」

自分の中だけで完結させるはずだった異種格闘技戦の火ぶたは切って落とされたのであった。
つづく…。

で、オフィシャルHPでは発表されておりますがRAMAR1/2キャラホビ出演日決定です!
◉「キャラホビ2010」にRAMAR1/2が出演!!◉
8月28日(土)29日(日)の二日間に渡り、幕張メッセ国際展示場にて開催される日本最大級のキャラクター&ホビーイベント「キャラホビ2010」二日目の29日(日)にRAMAR1/2のライブ出演が決定!!

場所:幕張メッセ国際展示場「キャラホビ2010」会場内 壽屋ブース
日時:8/29(日) 13:00〜13:50の間

※チケット販売等詳細は下記イベントHPより
「キャラホビ2010」http://www.chara-hobby.com/


そして、チャンババの霜ネタMC炸裂と言えばこのバンド↓
◉ノイズ磐梯山 13th LIVE!!〜新学期はちょっと大人になったかわいこちゃんと過ごすのだ!〜◉

6月11日の12th LIVE以来、沈黙していたノイズ磐梯山が久々に帰ってまいりました!夏巡業でパワーアップしたチャンババの霜ネタも全開!?なんだかんだとまる2年、13回目となるLIVEで新たな展開はあるのか?だんだん何がやりたいのか本人達もわからなくなってきたカオスバンド!

ゲストは5月に出演して大好評の美女2人、砂倉加奈子ちゃんと福島亜美ちゃん。思わず守ってあげたくなるルックスとは裏腹な抜群の歌唱力とハーモニーを引っさげての再登場です。今回はMCも頑張るというこの2人を応援してあげてください!

日時:2010年9月3日(金)18時30分開場、19時30分開演
会場:大塚Welcomeback
東京都豊島区南大塚3−44−11 フサカビルB1
Tel & Fax 03-5957-5141
http://www.welcomeback.jp
E-mail : info@welcomeback.jp
ミュージックチャージ:2500円
予約はLIVE HOUSEまたは出演者まで

出演
<ノイズ磐梯山>Gt 馬場スティーブ一人/Key 中山ジョン豪人/Bs むらさき・ちりめんじゃこ・ひろふみ/Dr 目次YOSHIKI敬之

<ゲスト>Vo. 砂倉加奈子/Vo. 福島亜美

お馴染みJeff Beckナンバーあり、フュージョンあり、スタンダードあり、ポップスありな感じで爆音炸裂間違いなしです。
8月はライブでエレキ弾いてませんから、この日は当然、

爆音でι(`ロ´)ノ
Posted by 馬場一人 * comments(8) * -

3連チャンババ終了!

いやはや、どうなることやらと危惧していたのも束の間、無事完走できました。

初日は宮路一昭プロデュース『Tones Night Vol.13』- 初心、忘るべからず!!-ってことで、昨年末RAMARでの参加に続きピンで六本木EDGEへ。
宮路さんはチャンババが若かりし頃から活躍する大先輩ギタリスト。
その大先輩と同じステージに立つ日が来るとは夢にも思っていませんでしたよ。
すてきなゲストボーカリスト、石塚裕美さん、小田切大さん、そしてMIYAJI☆BANDのメンバーと素晴らしい出会いまで。
先輩方の胸をお借りして精一杯弾いて参りましたとさ。


そして2日目、春から全国を駆け抜けたRAMAR2010”BRIDGE〜RAMAR THE BEST!!〜”TOUR FINAL ONE MAN、7.24@渋谷RUIDO K2!
区切りとも言えれば、通過点とも言えるし、集大成なのかもしれないし、はたまた今後を占う重要なライブだったかもしれない。
でも、特に気負うことなく余裕を持って迎えられたのは、今までRAMARっ子からもらった確かな手応えがあったから。
ツアー企画のキックオフからゴールまで、すべては応援してくれているRAMARっ子のパワーで動いてきました。
その結果、楽しむことも、楽しんでもらうことも自然な流れでできた、理想的なツアーだったと自負しています。

みんな、本当にありがとう!

そしてまだまだ精力的に動いていきますよ。
ご期待アレ!

写真はステージ上チャンババセット。
右のレスポールタイプのギターは初日、2日目とテクニシャンとしてベタで着いてくれた森下君製作のギター。
ハードなセクションで使用してみました。
今まではレコーディングでの使用がほとんどだったけど、今後はライブで登場の機会も多いかも。

で!見てくれましたか?
会場に展示したメンバー製作のモルガRAMAR部隊。

素人がこんなすごい物作れちゃうのはカリスマモデラーことヤマザキ軍曹の指導の賜物。
ありがとうございました!
さーて、次は何作るかな。


3日目は恒例行事となりつつある初音茶屋Vol.5@渋谷SSTV DINER。
今回も美女軍団に囲まれたステージにおいしいお食事とデザートでお腹いっぱい。

毎回ギターと歌だけのセクションがあって、これ、緊張するけど一番楽しみでもあったりする。
3連チャンババライブで改めて気づいたことが。
それは“歌の伴奏が好き”ってこと。
自分が歌えないから歌ってもらって伴奏させてもらう。
このスタンスが好きみたい。
もちろん自分がソロをとるのも好きなんだけど、チャンババギターの原点を見直す時期かもしれませんな。

そんなチャンババが原点に還る初音茶屋、次回はこちら↓

8月初音茶屋アコースティックワンマンライブ「初音茶屋」vol.6
【会場】GRAFFITI 東京都港区赤坂3-21-10 赤坂NSビルBF1
【日程】8月22日(日)
【時間】OPEN/START 15:00/15:30
【席種/料金】全席 自由席/3,500円(ワンドリンク別 600円)
【問合せ】GRAFFITI 03-3586-1970
【チケット発売先】ローソンチケット・チケットぴあ・イープラス

そして3連チャンババ終了後は抜け殻かと思いきや、別件レコーディングで寝不足の日々が続いております。
なんと今日は歌ってきました。
結果はまたいつかここで。
Posted by 馬場一人 * comments(9) * -