スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク * - * -

巨○を求めて…

とある郊外のスタジオの近くに、釣り人の鼻を刺激するいい感じの川があった。
先日、そのスタジオでの仕事があったため、入り時間まで釣りをすることに。

男なら大物を!
ということで今回のターゲットはタイトルにある通り、

『巨鯉』

巷では80cmを超える鯉を巨鯉と呼ぶらしい。
一般的な釣り方はリールを使って仕掛けを深いところに投げ、巨鯉がエサを食べるのを待つ方法だが、チャンババはリールを使わず、エサを繰り返しピンポイントに投じる事で鯉を引き寄せ、浮子で当たりを見て合わせる攻めの釣りでチャレンジ。

ところで釣りと言ったらボーッと浮子を眺めてのんびり…、みたいなイメージではないですか?
いやいや、ボーッとしてる暇はありませんよ。
浮子の動きを見てエサや川底の状態を察知し常に作戦を練っていきます。
最初はエサがばらけるように付けて、鯉が寄ってきたら吸い込みやすい固さと形にして付けたり、仕掛けの長さや針の大きさなど、浮子から読み取った情報で調整していくのです。
ま、なんて言いながらボーッとすることもあるんですが。

なんてあーでもないこーでもないとやってると、待望の当たりが。
スッと浮子が消し込んだところで合わせるとヒット!
さぁ、ここからですよ。
無理に引き寄せれば竿が折れたり、糸が切れてしまう。
リールがないので鯉を泳がせて、疲れてきたところを岸に引き寄せて網ですくいます。
5分ほどの格闘の末上がってきたのは、

うわ!大きすぎて頭としっぽが切れとる(撮影ミス)。
計ってみると66cm、巨鯉に一歩及ばず。

この日はもう一本出ましたよ。

今度は収まった。
偶然また66cm。
さすがに巨鯉は中々釣れないもんです。

実際には潮の満ち引きや、えさの種類、ポイント選びなど色々な要素があってすべてが合致しないと釣れないんです。
そうやって一生懸命考えた末に釣れると、ほんとに嬉しいんですよね。
こりゃリベンジだな。

ちなみに今回の竿、おじいちゃんの形見です。
なんか嬉しいですな。


んでででで、今年初の初音茶屋@Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE無事終了!
今回はチーム初音が増員して豪華でしたよ。
やっぱさ、ベースとパーカッションとコーラス入るとグッとキャッチーになるね。
皆さんほんと素敵。
そんな素敵なメンバー打ち上げ後。

みんなありがとう!


というわけで釣りも音楽も楽しいのです。
チャンババ幸せです。
Posted by 馬場一人 * comments(5) * -